北欧

特集女子旅おすすめスポット 暮らすように心地いいリンネル旅ガイド

絶景が広がる! 北極圏の冬のワンダーランド・トロムソ【ヤンニさんの北欧旅レポート1】 絶景が広がる! 北極圏の冬のワンダーランド・トロムソ【ヤンニさんの北欧旅レポート1】

特集女子旅おすすめスポット 暮らすように心地いいリンネル旅ガイド
ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート

スウェーデン出身でアウトドア好きのタレント・モデル、ヤン二・オルソンさん。2022年末、久しぶりに里帰り。ノルウェーやスウェーデンでの冬のアクティビティやホリデーシーズンの街の様子など、この季節ならではの北欧旅の魅力を教えてくれました。

目次
絶景が広がる! 北極圏の冬のワンダーランド・トロムソ【ヤンニさんの北欧旅レポート1】
  1. ノルウェーの北極圏にある街トロムソ
  2. トナカイぞりと「Sami」(サーミ)文化を体験できるツアー
  3. オーロラを眺める!? 北極海に浮くサウナ「Pust」
  4. 名物はトナカイホットドッグ&ホットワイン!?

●北欧旅レポートを届けてくれたのは…

ヤン二・オルソンさん

スウェーデンのヨーテボリ出身のタレント・モデル。幼少の頃から自然が身近にありSDGsへの取り組みが当たり前である環境で育ったため、アウトドアが大好き。日本で暮らす今も、アウトドアフィーカを楽しむ時間を大切にしている。NHK WORLD-JAPAN 『Trails to Oishii Tokyo』レポーターとして出演中。自身のドキュメンタリー番組『Getting Dirty in Japan』を4月中に公開予定。
Instagram: @janni_olsson

ノルウェーの北極圏にある街トロムソ

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
トナカイの群れに囲まれて……ここは天国?

トロムソとはノルウェーの北極圏内にある街。簡単に行けないように思えるが、実はそうでもない。この街は北欧の文化や自然に触れ合いたい観光客に人気な旅先です。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート トロムソ港
トロムソ港の夜景。

ここでは冬は極夜で、夏は白夜になる。そして、オーロラがきれいに見える地域でもある。死ぬまでに見ておきたいものばかりです。トロムソの街にはかわいい建物がいっぱい並んでいて、港には木造の船が泊まっている。この街を歩くとなぜかジブリの映画の中にいる気分になる。

街のおすすめスポットを紹介する前に、いったんは街を少しだけ離れましょう! 皆さんにまず紹介したい場所はここ!

トナカイぞりと「Sami」(サーミ)文化を体験できるツアー

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート トナカイぞり
犬ぞりを聞いたことがある方がいると思うがトナカイぞりは?

トロムソの中心部からバスで25分のところにトナカイぞりを体験できる場所があります。そり以外にも300頭のトナカイの群れに餌をあげたり、北欧の「サーミ」の文化に触れることができる場所でもあります。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート

サーミは北欧の北部及びロシア北部に居住するトナカイ遊牧民の人々のこと。「Tromsø Arctic Reindeer」(トロムソ アークティック レインディア)の方々もサーミの家族で昔からトナカイたちと一緒に暮らしています。多くの人にトナカイのことやサーミの文化を教えたいという思いから、様々なツアーを提供しています。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート

イブニングツアーに出発! 様々なコースがありますが、まずは300匹のトナカイの間を歩いたり餌をあげたりしてからトナカイぞりスタート! トナカイが引っ張るそりに乗って、自然の中をゆったり周ります。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
焚き火の上で茹でているトナカイシチューがあと少しで出来上がり。

その後は伝統的な建物の中で「Bidos」(ビードス)というサーミの伝統的なトナカイシチューを食べたり、「joik」(ヨイク)という歌を聞いたり、サーミの昔の話をいろいろと聞くことができます。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
この中に入ると外の寒さを一瞬で忘れる。

夜のツアーに参加したら、オーロラを見られる可能性があるそう。そうしたらトナカイたちとオーロラの奇跡のショットを撮ることができます!


オーロラを眺める!? 北極海に浮くサウナ「Pust」(プスト)

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
緑に光っている海上に浮かぶのはサウナ「Pust」。

サウナから海の上に踊るオーロラが見えるなんておとぎ話に聞こえるかもしれないが、ここはそういう場所。サウナ室には大きな窓があって、そこからは北極海やその後ろの雪山が映ります。運がよかったら、オーロラがその上にかかるときがあります。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
サウナだけではなく、寒中水泳の最高の場所でもある。

冬の北極海に飛び込むなんてあり得ないと思っている方がいると思うが、ここは勇気を出していきましょう! サウナの下から水が照らされていて、周りに船からの光や雪山が映っている。こんな絵本のような環境でサウナや寒中水泳が楽しめる場所など中々ないと思うので、ぜひ両方にチャレンジしてみてください。

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
「寒い!……けど気持ちがいい〜」

名物はトナカイホットドッグ&ホットワイン!?

ヤン二・オルソンさんの北欧旅レポート
街や人間観察にはピッタリの場所。焚き火の前からトロムソの雰囲気を存分に楽しめる。

トロムソの中央通りには「Raketten Bar & Pølse」(ラケッテン バー & プルセ)という小さなバー&ホットドッグ・スタンドがあります。様々なホットドッグが売っていますが、名物はトナカイホットドッグだそう。それと体を温める北欧風のホットワイン「Glögg」(グロッグ)。スタンドの横には焚き火が設置されていて、ここでゆったりホットワインを飲んだりソーセージを食べながら、トロムソの街を眺められます。観光客や地元の人が焚き火を囲んで仲良く話をしていました。

いつか北欧旅へ行きたくなったら、この北極圏にあるトロムソの小さな街も忘れずに! 街の中でゆったり時間を過ごしてもよし、周りの自然を楽しんでもよし、どっちも素敵! 興味があればぜひツアーにも参加してみてください。絶対、一生の思い出になります。


>> 東京・神奈川で、北欧の味に出会えるお店4選【パン屋やカフェ】

>> 【フィンランド最新案内】おしゃれでエコなアイテムがそろう、おすすめのライフスタイルショップ

photograph:Christian Olsson text : Janni Olsson
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年7月号

初夏から晩夏まで着られる
おしゃれ3段活用!

付録
MOOMIN[ムーミン]
リトルミイの刺しゅう入り
きれいに整う 眉毛グルーミングセット

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:吉高由里子 /
2024年5月20日(月)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE