CULTURE

三浦大知さん「好奇心が刺激されて毎日が楽しくなる音楽」/アルバム『OVER』インタビュー 三浦大知さん「好奇心が刺激されて毎日が楽しくなる音楽」/アルバム『OVER』インタビュー

三浦大知さん
この記事の画像一覧を見る

圧倒的なボーカル力と、華麗なダンス・パフォーマンスで、日本中を魅了させているエンターテイナー、三浦大知さん。実に7年ぶりとなるオリジナル・アルバム『OVER』は、さまざまな枠を<超えて>さらに進化する姿を表現した内容。そのアルバムに込めた思い、またステージ上では伝わらない普段の暮らしぶりもうかがいました。

目次
三浦大知さん「好奇心が刺激されて毎日が楽しくなる音楽」/アルバム『OVER』インタビュー
  1. 今の自分を<超える>アルバム『OVER』
  2. 大好きなアーティストとのコラボレーション楽曲も収録
  3. とっておきの 1 杯を楽しむ夜の自分時間
  4. NEW ALBUM『OVER』
  5. Profile

今の自分を<超える>アルバム『OVER』

━━実に7年ぶりとなるオリジナル・アルバム『OVER』は、全曲この作品のために書き下ろされたものばかりですね。

ありがたいことに、この7年間でいろんな活動をさせていただいて、その時々に出会った方たちと1曲ずつクリエイティブなことをさせていただきました。ただ、それらを全部入れるとなると、アルバムというよりかはシングル・コレクション的な作品になってしまうなって。アルバム1枚として聴いて、楽しんでいただくためには、一新する必要があるだろうと思い、先にシングル・コレクションを発表してから、まったく新しい楽曲のみで構成しようと思いました。

━━そうすると、アルバム全体にテーマがあるのですか?

テーマみたいなものは、そこまでなくて。自分を含むチームがいま興味のあること、好奇心が刺激されるようなこと。また、今の自分たちを超えていく、つまり<オーバー>していくものを10曲すべてで表現するという気持ちで取り組みました。なので、どの楽曲にも、自然と一貫性がでてきたというか。まとまりがある流れになっているのかなって思います。

━━なるほど。<超える>という意味での『OVER』というタイトルだったのですね。ゲームオーバーという使われ方もするので、そういう意味が込められているのかな?とも、思いましたが。

音楽に限らず、モノづくりは、何かを終わらせて何かを始めるみたいなところはあると思う。今回は、これまで培ってきたものを全部捨てるという思いはないのですが、積み上げてきたものをもう一度考察して、そこをさらに<超える>音楽を作ろうという思いが込められていますね。

━━確かに、アルバム全体からは、日本の音楽という枠を超えて、グローバルな視野で音楽と向き合っている姿が伝わってきました。前作の制作方法と異なる部分もあったのでは?

基本的なことはあんまり変わらなくて。とにかく、今作りたいもの、自分が楽しいと思えるもの。また、現在のチームでやったら面白いんじゃないかっていう、 好奇心に忠実でいることを大切にしました。だから、これまでご一緒させていただいた方はもちろん、新たなトラック・メーカーさんなどにも依頼して、試行錯誤しながら制作しました。だから、自然にこれまでにないサウンドが表現できたのかなって思います。

━━また、収録曲はどれも、三浦さんの表現力豊かに歌う様子と、華麗にパフォーマンスしている姿が、同時に浮かぶものばかりですね。どちらを重点的に考えて、制作されましたか?

意識はあまりないのですが、踊りたいという思いが強くあったことは確か。それは、自分がダンスをするのはもちろんなのですが、自然に踊りたくなるというか。耳にして、自然に身体を動かしたくなるような楽曲が揃ったアルバムになったらいいなと考えていました。

━━確かに、心躍らせる内容になっていますよね。では、歌詞の部分では、どういう思いやメッセージを込めようと思いましたか?

まずトラックが先にあって、そこからから聞こえてくる言葉だったりメッセージは何かみたいなものをキャッチしながら、自分が思ってることを言葉にしていくという作業が多い。だから、今回もそれぞれの楽曲の中から聞こえてきた言葉みたいなものをキャッチして歌詞にしている感じですね。

次のページ

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年5月号

自分を好きになりたいから。
キレイになってみませんか?

付録
L.L.Bean [エル・エル・ビーン]
撥水素材の
多機能スマホショルダー

特別価格:1,340円(税込) / 表紙:石原さとみ /
2024年3月19日(火)発売

VIEW MORE