LIFESTYLE

特集女子旅おすすめスポット 暮らすように心地いいリンネル旅ガイド

【女子旅・沖縄県】 今年の夏旅はディープな沖縄散策ができる「OMO5 沖縄那覇 by 星野リゾート」で決まり! 【女子旅・沖縄県】 今年の夏旅はディープな沖縄散策ができる「OMO5 沖縄那覇 by 星野リゾート」で決まり!

特集女子旅おすすめスポット 暮らすように心地いいリンネル旅ガイド

梅雨に入り、そろそろ夏の旅を計画する人も多いのではないでしょうか? 毎年人気の沖縄旅行ですが、今回はもっと沖縄の街をディープに楽しめるプログラムをご紹介します。星野リゾートが展開する「OMO5 沖縄那覇」は那覇の街と連携して「街を楽しむ」視点で作られたホテル。単なる観光では味わえない、ディープな沖縄文化を楽しめる旅を提案します!

目次
【女子旅・沖縄県】 今年の夏旅はディープな沖縄散策ができる「OMO5 沖縄那覇 by 星野リゾート」で決まり!
  1. コンセプトは「バザールって、ちむどんどん」のOMO5 沖縄那覇
  2. ライブラリースペースで沖縄文化を勉強
  3. 街に出る前に名物モーニングで腹ごしらえ
  4. 「スーパーマーケットレンジャー」で沖縄の食文化を探そう
  5. 守り神を見つける! 開運「那覇シーサーさんぽ」へ
  6. ディープな夜の顔に触れられる「裏国際通りさんぽ」
  7. 第一牧志公設市場をめぐる「那覇ゆんたく市場さんぽ」
  8. 使い勝手のいい客室で旅の計画を練ろう

コンセプトは「バザールって、ちむどんどん」のOMO5 沖縄那覇

「ちむどんどん」とは、胸がワクワクするという意味。那覇の街を「バザール(市場)」とみたて、ディープな沖縄文化にちむどんどんする旅を提案します。

梅雨があければ夏も本番! まさに今、夏旅を計画している人も多いはず。そこでご紹介したいのが、毎年夏のバカンスの大本命に挙げられる沖縄エリアの新しい楽しみ方。「星野リゾート」が沖縄県那覇市にオープンした「OMO5 沖縄那覇」では、夏旅をグッと盛り上げるディープなアクティビティが目白押し。活気あふれる「国際通り」のすぐそばという好立地も手伝って、有名スポットはもちろん、知られざる那覇を満喫できる旅がホテルを拠点に楽しめます。

ライブラリースペースで沖縄文化を勉強

ホテルの2階にあるのが「ゆんたくライブラリー」です。ここには沖縄の地域文化を学べる書籍がたくさん。古くから沖縄に伝わる風水占いや妖怪など、土地に根付く面白いカルチャーに触れられます。1階のカフェスペースから飲み物を持参して、朝から夜までゆっくり読書にふけることができました。旅先でじっくり読書に浸るって、とても贅沢な時間ですよね。

街に出る前に名物モーニングで腹ごしらえ

街の散策に出かける前に、まずは腹ごしらえ。ホテル内にある「OMOカフェ」の幅広い層に人気のモーニングでは、ピザトースト、フレンチトースト、クロックムッシュなど、5種類のなかから選べます。今回選んだのはフレンチトースト。南国フルーツの代表とされるマンゴーがたっぷり味わえる、女性に大人気のメニューです。

「スーパーマーケットレンジャー」で沖縄の食文化を探そう

数ある飲料メーカーから自分好みの「さんぴん茶」を導く「適正診断」タイムも大盛り上がり!

個人的にとっても面白かったのが、ホテルスタッフ「OMOレンジャー」がご当地スーパーに案内してくれる「スーパーマーケットレンジャー」のプログラム。ご当地スーパーは、まさに地元商品の宝庫。土産物店よりもディープな商品に出合える穴場なのです。ホテルスタッフと一緒に店内をまわりながら、「スナックはこれがおいしい。ビールならこれ!」などなど、地元民に愛される商品をたっぷり教えてもらって、お土産探しとしても老若男女に大人気のプログラム。


OMOレンジャーが絶賛する地元のスナックやビール、レトルト食品をかごいっぱいに購入。スーパーから地方発送できるのも便利です。
今回お邪魔したのは、1983年に創業した沖縄を代表する「フレッシュプラザ ユニオン」。なんと年中無休、24時間営業のスーパーマーケット。

守り神を見つける! 開運「那覇シーサーさんぽ」へ

沖縄の古くからの守り神といえば「シーサー」。とはいえ、シーサーって何? どこから来たの? という疑問は尽きません。そんなシーサーについてOMOレンジャーが独自の目線で歴史や由来を紹介しつつ、街中に隠れるシーサーを探して散策するのが「那覇シーサーさんぽ」。作家さんの工房を訪ねて制作秘話を聞くこともできます。

シーサーといっても作家によって表情や質感が違います。ホテルにも愛嬌のあるシーサーがひょっこり。こちらはサンゴ漆喰のシーサーを手掛ける宮城光男さんのもの。見る人を元気にする開運シーサーとして旅のゲストから愛されています。ぜひ館内で探してみて!

ディープな夜の顔に触れられる「裏国際通りさんぽ」

夜のディープな沖縄を体験したいなら「裏国際通りさんぽ」ツアーがおすすめ。こちらは、那覇観光の定番「国際通り」から離れた、迷路のような商店街をめぐる夕方からのプログラム。初めての人は少々入りにくい、異国情緒ある「かりゆし通り」もOMOレンジャーと一緒なら安心して散策できます。旅の醍醐味ともいえる「地元の立ち飲み屋」を体験して、夜の沖縄をとことん満喫!

第一牧志公設市場をめぐる「那覇ゆんたく市場さんぽ」

2023年3月19日にリニューアルしたばかりの「第一牧志公設市場」。こちらは、戦後まもない頃に自然発生的にできた市場が、1950年に那覇市営として開設された歴史あるスポット。今では「沖縄の台所」と称され、1階の店舗で買った食品を2階の食堂で調理して食べることができます。自分が選んだ食材が料理になるユニークな体験に感動!

市場を知り尽くしたOMOレンジャーと一緒に、地元のおじぃやおばぁとのゆんたく(お喋り)が楽しめます。

使い勝手のいい客室で旅の計画を練ろう

定員3名の「やぐらルーム」は屋根裏部屋のような「やぐら寝台」が中2階に備わり、秘密基地のような雰囲気。
窓辺のソファでくつろげる「ツインルーム」。夜になると窓から那覇の街のネオンが一望できます。

「OMO5沖縄那覇 by 星野リゾート」では3タイプの客室を用意。どの部屋も床が和紙畳なので、靴を脱いで素足で過ごせるのが心地いい。足を伸ばせるソファスペースや収納に使える仕掛け壁など、コンパクトながら機能的な空間になっています。


「OMO5 沖縄那覇(おも) by 星野リゾート」
沖縄県那覇市松山1丁目3-16
050-3134-8095(9:30 AM〜6:00 PM)
チェックイン15:00 /チェックアウト11:00
一泊一室16,000円(税込・食事別)〜
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo5okinawanaha/


edit & text:Tokiko Nitta
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年4月号

料理は人生のスパイスだ!

付録
MOOMIN[ムーミン]
二重ファスナーでスリムに!
リトルミイの衣類圧縮ポーチ

特別価格:1,340円(税込) / 表紙:松岡茉優 /
2024年2月20日(火)発売

VIEW MORE