LIFESTYLE

特集女子旅おすすめスポット 暮らすように心地いいリンネル旅ガイド

【女子旅 和歌山県】よみがえりの地、熊野で魂をリセット! 一泊二日で巡る熊野三山参り(前編) 【女子旅 和歌山県】よみがえりの地、熊野で魂をリセット! 一泊二日で巡る熊野三山参り(前編)

特集女子旅おすすめスポット 暮らすように心地いいリンネル旅ガイド

[PR]和歌山県観光連盟

【女子旅 和歌山県】 一泊二日で巡る熊野三山参り

平安時代から多くの人が「魂の再生」を夢見て訪れる聖地・熊野。ここは、和歌山・三重・奈良の三県にまたがる世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつとして、世界でも類を見ない特別な地域とされています。今回、モデルのkazumiさんが念願の熊野詣に挑戦! 数あるトレッキングコースの中から初心者にもおすすめの2コースを歩き、熊野三山を一泊二日で巡りました。

目次
【女子旅 和歌山県】よみがえりの地、熊野で魂をリセット! 一泊二日で巡る熊野三山参り(前編)
  1. 今回の熊野詣は「発心門王子」からスタート
  2. 景色のよい伏拝茶屋でお弁当タイム
  3. 熊野三山の一つ目「熊野本宮大社」に到着
  4. 日本最大の大鳥居「大斎原」で一日目は終了!
  5. 旅の疲れは話題のシュークリームで癒そう
  6. 川湯の露天風呂を心ゆくまで楽しめる宿
和歌山県

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)、熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)、熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)、那智山青岸渡寺(ならさんせいがんとじ)の三社一寺を「熊野三山」と呼び、これらを巡ることで過去・現在・未来の安寧を得られると言い伝えられています。そして、熊野三山へ続く参詣道は「熊野古道」と呼ばれ、この巡礼の旅が「日本人の旅の始まり」とされてきました。熊野古道を歩くことで、心身はリセットされ、新しい自分になれるそう。さあ、旅が終わる頃にはどんな心境の変化が訪れたのでしょうか? 2023年のパワーアップを目指して、いざ「魂の再生の旅」へ出発!

和歌山県

南紀白浜空港に到着して、まず向かったのは「和歌山県世界遺産センター」。ここは和歌山の魅力と世界遺産を紹介して、価値をより深く知ってもらうための施設。センターの駐車場に車を停めてバスに乗り込み、「発心門王子(ほっしんもんおうじ)」まで向かい、トレッキングをスタート。熊野本宮大社を目指します。バスは本数が少ないので事前に調べるのがおすすめです。

【和歌山県世界遺産センター】
和歌山県田辺市本宮町本宮100番地1
TEL 0735-42-1044
https://www.sekaiisan-wakayama.jp

一日目のコース
① 南紀白浜空港出発

② 和歌山県世界遺産センター

③ 発心門王子

④ 熊野本宮大社

⑤ 大斎原


今回の熊野詣は「発心門王子」からスタート

和歌山県

世界でも珍しい「道」の世界遺産。自然崇拝を起源とする熊野の信仰は、平安貴族が現世浄土を求めたことから広まります。今回のコースのスタートになる「発心門王子」からは熊野本宮大社の神域。この鳥居をくぐることで仏道の心が芽生えるとされ、「発心門」と呼ばれています。

和歌山県

発心門王子から熊野本宮大社は、約7kmの緩やかな初心者コース。道中を案内してくれる「語り部」に依頼すると、歩きながら古道の歴史や自然、伝承も教えてもらえます。

【熊野本宮語り部の会】
0735-42-0735(熊野本宮観光協会)
https://www.hongu.jp/kumanokodo/kataribe/

和歌山県

文化や史跡の他にも、熊野古道でふと通り過ぎるお地蔵様や道端に咲く草花の話まで、さまざまな視点で話してくれました。「昔話や自身の面白いエピソードを織り交ぜて話してくれる語り部さんのトークに、気づけばどんどん引き込まれます。初心者の方は一緒に歩くことをおすすめします!」(kazumiさん)

和歌山県

コースの途中には、山深い自然の美しさを堪能できるスポットがたくさん。やさしく木漏れ日が差し込む場所で腰を下ろして、しばし休憩するkazumiさん。「こうしてゆっくり大自然に身を置くことで、体の奥から満たされていくようです。都会とは違う、静寂の時間がありますね」

景色のよい伏拝茶屋でお弁当タイム

和歌山県旅 熊野古道弁当

緑に囲まれた山道を抜けると、スタートから約1時間で伏拝茶屋へ。素晴らしい景色を眺めつつ、お待ちかねの昼食。今回は温泉民宿「大村屋」の女将が手がける、土地の食材を使った熊野古道弁当(¥1,100)をいただきました。「紀州名産のめはりずしがおいし〜!」と腹ぺこだったkazumiさんも大満足。

【温泉民宿 大村屋】
熊野古道弁当 ¥1,100
和歌山県田辺市本宮町川湯1406-4
http://www.oomuraya.net/food/index_bentou.html

熊野三山の一つ目「熊野本宮大社」に到着

和歌山県

発心門王子から約3時間半。まずは熊野三山のひとつ、檜皮葺(ひわだぶき)の社殿が荘厳な熊野本宮大社に参拝。こちらは来世を救済するといわれ、すべての熊野古道はここに繋がっています。日本サッカー協会のシンボル・導きの神鳥「八咫烏(やたがらす)」は主祭神である家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)のお仕えであり、境内にはその姿をあしらったポストも。

【熊野本宮大社】
和歌山県田辺市本宮町本宮1110
0735-42-0009
7:00 〜17:00
http://www.hongutaisha.jp

日本最大の大鳥居「大斎原」で一日目は終了!

和歌山県

高さ33.9m、幅42mの巨大な鳥居とその後ろに広がるこんもりした森が「大斎原」。ここはかつて熊野本宮大社があった社殿跡地です。「田んぼの中央に佇む神秘的な姿に言葉を失います」とkazumiさん。

和歌山県

鳥居を前にすると、誰もが無言でその荘厳な姿に圧倒されます。あたりは田んぼに囲まれ、聞こえるのは風の音ばかり。「大きな鳥居がひっそりと佇む光景はとても印象でした」(kazumiさん)

旅の疲れは話題のシュークリームで癒そう

和歌山県白浜町出身のパティシエ・矢倉実咲さんがオープンしたシュークリーム専門店

和歌山県白浜町出身のパティシエ・矢倉実咲さんがオープンしたシュークリーム専門店。地元の卵を使ったシュークリームはサクサクの生地に濃厚で後味さっぱりなクリームがたっぷり。事前に予約しないと買えない日もあるほどの人気ぶり。期間限定で季節のシュークリームも販売。シュークリーム(プレーン)

【choux(シュー)】
和歌山県田辺市本宮町本宮1571-15
0735-30-0801
11:00〜17:00
火・水・木休
https://choux.cc

川湯の露天風呂を心ゆくまで楽しめる宿

「山水館 川湯みどりや」

今回の宿は、窓の向こうに大塔川が広がる「山水館 川湯みどりや」。一日の疲れが温泉でしっかり癒やされたkazumiさんです。「今日は朝からたっぷり歩いて、心地よい疲労感が広がります。美しい森の中を歩く熊野詣は、体の細胞一つ一つがエネルギーチャージされていくようでした。とても不思議な感覚」

「山水館 川湯みどりや」

こちらの温泉宿では、河原を掘るとお湯が湧き出る、奥熊野の野趣あふれる「川湯温泉」がたっぷり楽しめます。夏は大塔川の川遊びと露天風呂、冬は巨大な仙人風呂が季節の風物詩に。*露天風呂男女専用の湯着を着用。

【山水館 川湯みどりや】
和歌山県田辺市本宮町川湯13
0735-42-1011
http://www.kawayu-midoriya.jp

和歌山県

街の明かりが少ない熊野エリアでは、夜になると星空観測が楽しめます。静かな森と輝く星をゆっくり眺めながら、明日の熊野詣に胸が高鳴るkazumiさんでした。





<< 後編に続く!

<< スマートに山巡りをしたい人のための登山アプリ「YAMAP」でデジタルバッチをもらっちゃおう!

<< 和歌山魅力的なスポットは、和歌山観光連盟のサイトでさらにチェック


<< 【大人女子が行きたいローカル旅】のおすすめスポットを見る↗

<< わざわざ遠出して足を運びたい! 素敵なパン屋さん3選↗


photograph:Ai Tomatsu  edit & text:Tokiko Nitta
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年4月号

料理は人生のスパイスだ!

付録
MOOMIN[ムーミン]
二重ファスナーでスリムに!
リトルミイの衣類圧縮ポーチ

特別価格:1,340円(税込) / 表紙:松岡茉優 /
2024年2月20日(火)発売

VIEW MORE