暮らしのヒント

ファブリック類は天然素材のリネンでそろえて快適に:マキさん ファブリック類は天然素材のリネンでそろえて快適に:マキさん

Tags :

毎日触れるファブリックだからこそ、心地よいものを選びたいもの。リネンなら肌触りのよさはもちろん、利便性の高さにも満足です。

目次
ファブリック類は天然素材のリネンでそろえて快適に:マキさん
  1. 丈夫で長持ちし、いつも清潔に保てる
  2. バスタオルはバスマットと兼用
  3. 多用途で使えるリネンのバスタオル
  4. 洗うほどに風合いが増すワンピース
  5. カーテンはフラットシーツで代用

丈夫で長持ちし、いつも清潔に保てる

カーテンやクロス、バスタオル……といったファブリックは、天然素材のリネンでそろえているマキさん。その理由はまず、高い利便性にあります。

「丈夫なので洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っても劣化しにくく、むしろ洗うたびにふんわりした肌触りに。汚しても酸素系漂白剤につけ置きすれば白く戻るので、いつも清潔に保てます。毎日使うものだからこそ、ヘビーユースに耐えられるものを選びたいですよね」

さらに木の家具や床と相性がいいのも、天然素材ならではの魅力。

「シンプルで見た目も主張しすぎず、暮らしにすんなりとなじんでくれます」

シワのつきやすいイメージのリネンハンカチも、干し方を工夫すれば手間いらず。「縦長に折った状態で干せば、乾いたときにはぱりっとした状態に。アイロンがけは不要です」

バスタオルはバスマットと兼用

洗面所の手拭きタオルも、薄手で乾きやすいリネンのバスタオルを活用。「日中は手拭きタオルとして使い、1日が終わったら床に敷いてバスマットにします。これなら洗濯物も減らせるし、厚手で乾きにくいバスマットを洗濯するストレスもなくなります」

多用途で使えるリネンのバスタオル

エコデパのリネンバスタオルは、厚手のパイル地とは違って生乾きの心配がないのがうれしいところ。「お風呂場だけではなく、キッチンのお皿拭きや手拭きタオルとしても活躍。バスタオルのほかハンカチ、クロスと3サイズそろえておくと多用途に使えて便利です」

洗うほどに風合いが増すワンピース

リネンならではの風合いのよさはもちろん、干すときの重みでシワが伸びるのがワンピースの利点。「ネストローブのワンピースは色違いで買うほどのお気に入り。ボタンを開けてはおったり、インに長袖Tシャツを着たり…と、これからの季節にも幅広い着こなしができます」

カーテンはフラットシーツで代用

ダイニングのカーテンは、実はリネン生地のフラットシーツ。「窓の高さに合わせて折って、フック付きのピンチで留めています。オーダーカーテンは値段が高いし、今後引っ越した場合、新しい家には使えないですよね。この方法ならどの窓でも対応できます」

マキさんのYouTubeはこちらから!

photograph:Keiko Ichihara text:Hanae Kudo web edit:Masako Serizawa
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
リンネル2021年11月号より

Magazine
リンネル最新号

暮らしの道具大賞2021 使える&おしゃれな日常アイテムが揃いました!

特別価格:990円(税込) / 表紙:杉咲 花 /
2021年11月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています