北欧

フィンランド夏の定番、港の市場で朝食<大使館員ラウラさん滞在記・第4回> フィンランド夏の定番、港の市場で朝食<大使館員ラウラさん滞在記・第4回>

フィンランドの市場 ヘルシンキ港の「Kauppatori」(カウッパトリ)
Tags :

フィンランド大使館商務部でファッションやライフスタイルを担当しているLaura(ラウラ)さん。久しぶりに故郷フィンランドに出張へ! そんなLauraさんのフィンランド滞在記をリンネル.jpで紹介いたします。今回はフィンランドの市場でのお話です!

目次
フィンランド夏の定番、港の市場で朝食<大使館員ラウラさん滞在記・第4回>
  1. フィンランド案内をしてくれるLaura(ラウラ)さん
  2. 夏の風物詩のひとつ、マーケット広場
  3. <Laura’s Pick Up>世界一幸せな暮らしにはデザインは欠かせない
  4. マーケット広場で定番の朝食メニュー
  5. 夏の間はできる限り外にいたい

フィンランド案内をしてくれるLaura(ラウラ)さん

フィンランド大使館員ラウラ・コピロウさん

Moi!(もい)=フィンランド語で「こんにちは」

フィンランド大使館商務部でファッションやライフスタイルを担当しているLaura(ラウラ)です。
先日は2年3か月ぶりに念願のフィンランド出張が叶ったので、最新情報や改めて気づいたフィンランドの素敵なことを皆さんと共有できればと思います。

Instagram: @laura_from_finland

■「大使館員ラウラさんのフィンランド滞在記」記事一覧を見る↗


夏の風物詩のひとつ、マーケット広場

先日フィンランド出張の際に「フィンランドの夏といえば!の何か一つだけ体験するなら、何ですか?」とある日本人に聞かれました。

同じように答えるフィンランド人が多そうですが、答えは「torikahvit」(トリカハヴィ)つまり、マーケット広場でお茶をする(「tori」は日本の「鳥」と発音が同じですが、「広場」という意味で、「kahvit」は「コーヒー」や「お茶すること」という意味)

フィンランドの市場 ヘルシンキ港の「Kauppatori」(カウッパトリ)

このトリカハヴィという夏にかかせない、私を含めフィンランド人が大好きなことは、友達同士で、会社の同僚と、一人で、家族と、フィンランド人老若男女問わず楽しまれています。マーケット広場はたくさんありますが、ホテルや観光地からも近いということで、いつもヘルシンキ港の「Kauppatori」(カウッパトリ)を選んでいます。

ある土曜日、案内していた日本の方と一緒に、朝ごはん目的でトリカハヴィをすることに。

<Laura’s Pick Up>世界一幸せな暮らしにはデザインは欠かせない

フィンランドの市場 ヘルシンキ港の「Kauppatori」(カウッパトリ)

屋台はたくさんありますが、どこを見てもマリメッコ! 国民的なブランドであることを再確認。

世界幸福度ランキング5年連続1位のフィンランドでは、豊かな暮らしはみんなのものだと考え、デザインと日常生活は切り離せない関係にあります。フィンランドデザインは小さいときから誰でも使っています。そして何か特別な日のためのものではなく、でも毎日を特別な日にしてくれます。

つまり、マリメッコやイッタラのような日本で「ブランド品」として紹介されるアイテムは、フィンランドでは毎日の幸せにつながるものたちです。

マーケット広場で定番の朝食メニュー

さて、トリカハヴィに話を戻して、次に何を食べたかを紹介します。

「人気メニューを紹介」と書きそうでしたが、フィンランド人は「一番人気」「みんなが買っている」など外部の評価よりも、自分の好きなものやことを選ぶことが多いので、この日のメニューが一番人気なのかは分かりません。

でも、代表的なトリカハヴィメニューではあると思います。

カルダモンやシナモンたっぷりの香ばしいフィンランド式シナモンロール「korvapuusti」(コルヴァプースティ)、そしてフィンランド人の国民食とも呼ばれるライ麦パンに野菜、チーズ、そしてたまごを挟んだサンドイッチ、国産ラズベリーとブルーベリー、そしてフィンランド人が大好きなコーヒー。フィンランドにはアイスコーヒーを飲む習慣がないので、ホットで。

朝ごはんを食べながら仕事の話を少し、フィンランドについての雑談を少し。
実はコーヒーを飲みながら打ち合わせすることはよくある話で、打ち合わせ場所としても人気です。

ある日の朝8時前にマーケット広場を通り過ぎたら、打ち合わせしているような光景にびっくり。

では、なぜトリカハヴィは人気なのか?

夏の間はできる限り外にいたい

天気が許す限りテラス席が好まれるのと同じく、一年の中で冬が長くて暗いフィンランドの人にとっては、外にいられる季節は外にいたい! 太陽が出ているのはとっても幸せです。

そのため、夏の間や白夜の季節には太陽を浴びて冬のために充電したいし、せっかくいい季節なのに外にいないともったいなくて、罪悪感を感じる人すらいます。私もそのうちの一人です。

しかもベリーや野菜がもっとも美味しい季節でもあるので、それらが買えるトリカハヴィはフィンランド人の心をつかんでいます。

出張中にトリカハヴィを毎回やっている理由は他にもあります。それは、いくら忙しい出張でも朝8時から数十分は絶対に時間が作るので、短い時間でもフィンランド人のライフスタイル体験にもつながるからです。


最後にちょっと笑える話です。

パンを買った屋台が「エロマンガ」!?

実はヘルシンキで人気のベーカリーで、日本のエロ漫画と発音が同じですが、太平洋にある島(イロマンゴ島)の名前が由来だとか。
パンが美味しいので、ぜひ食べてみてね!


最後まで読んでいただき、Kiitos!(きーとす)=ありがとう
ではまた、次回の更新で! Moi moi!(もいもい)=バイバイ

■ラウラさんがフィンランドに帰ったら楽しむ、サウナとフィンランド料理を見る↗


edit & text : Liniere.jp
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年9月号

おしゃれさんの夏のMY定番スナップ

特別付録
miffy[ミッフィー]
刺しゅうがかわいい保冷ビッグトート

特別価格:1080円(税込) / 表紙:浜島直子 /
2022年7月20日発売
※一部の地域では発売日が異なります

VIEW MORE