北欧

高山 都さんの長く使いたい北欧食器 高山 都さんの長く使いたい北欧食器

Tags :

寒さが厳しいゆえに、家での心地よい過ごし方を熟知しているのが北欧の人々。暮らし上手なみなさんは、洗練とあたたかみが同居する北欧雑貨や器を上手に取り入れて、豊かな時間を楽しんでいました。今回は高山都さんにお気に入りの北欧食器を見せてもらいました。

目次
高山 都さんの長く使いたい北欧食器
  1. タイムレスな北欧食器たちとは長いつき合いになりそう
  2. ITEM 01 “アラビア”のヴィンテージ食器で気持ちよく一日をスタート
  3. ITEM 02 スーホルム社のお皿でワンプレートごはん
  4. ITEM 03 気分を明るくしたいときにはマリメッコをセレクト
  5. ITEM 04 プレゼントされた甘すぎないピンクの花器
  6. 教えていただいたのは……高山 都さん

タイムレスな北欧食器たちとは
長いつき合いになりそう

「ひとりごはんの日こそお気に入りの器に盛りつけたり、自分のためだけにカップ&ソーサーを使ってお茶をしたり。そういう時間って素敵だな、と思うんです」

陶器市や「東京蚤の市」などに足を運び、少しずつ集めた北欧食器をいとおしそうに見つめながら語る高山 都さん。

「ヴィンテージならではの質感や色、クラフト感のあるもののほうが、私が作る料理や家に合う気がしていて。お値段もそれなりにしますが、失敗を重ねた今では好きなものにブレがなくなったので、飽きることなく使い続けることができています」

その確かな審美眼で選ばれた食器たちは、組み合わせもしやすそうなものばかり。

「次に引っ越すときは、家具も北欧ものでそろえてみたいな、と思案中。まだ行ったことがないスウェーデンやデンマークも、いつか旅してみたいです」

「食器棚の2段目に収納しているのが、北欧ヴィンテージの食器。上段は日本の作家さんのもの、などテイスト別に分けています」

ITEM 01
“アラビア”のヴィンテージ食器で気持ちよく一日をスタート

手早くアボカドペーストを作っていたかと思えば、フルーツにディルを飾りつけ、あっという間に仕上げた朝食プレート。

「簡単な料理でも、好きな器を使うだけで気分が上がります。アラビアのヴィンテージ食器の中でも、渋めのカラーリングのものが好みです。トーストをのせただけでもサマになるのもうれしいところ」

ITEM 02
スーホルム社のお皿でワンプレートごはん

「日本橋コレドにあるヒュンメルウィメンズストアで見つけたのが、今は製造されていないデンマークのスーホルム社のお皿。8寸皿は、ワンプレートの盛りつけにぴったりで重宝しています」

ITEM 03
気分を明るくしたいときにはマリメッコをセレクト

マリメッコといえば、カラフルでポップな色柄が印象的なブランドですが、高山さんが手に取るのはシックなもの。「主張が強そうに見えますが、意外とアラビアや日本の作家さんの器とも相性がいいんです」

数年前に限定販売された畑漆器店とのコラボレーション弁当箱もお気に入り。北欧×日本の絶妙なMIX感がたまらない。

ITEM 04
プレゼントされた甘すぎないピンクの花器

きれいな色を保ったままドライになったミニブーケを飾っているベースグラスは、デンマークのブランドのリュンビューポーセリンのもの。「センスのいい友人からいただきました」


教えていただいたのは……高山 都さん

Profile
大阪府出身。モデル、女優、パーソナリティなど幅広く活躍中。最近は旅取材も多い。料理や器、ファッションなどライフスタイル全般を綴っているmiyare38が大人気。著書『高山都の美 食 姿』シリーズ(双葉社)も好評発売中。


photograph:Shinnosuke Yoshimori hair & make-up:Mariko Kamata text:Momoko Miyake web edit:Masako Serizawa
リンネル2019年12月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています