FOOD

今年の夏は老舗のあんみつに夢中!「甘味処 みつばち」訪問記:kazumiとワヌ山の和菓子の時間 今年の夏は老舗のあんみつに夢中!「甘味処 みつばち」訪問記:kazumiとワヌ山の和菓子の時間

甘味処 みつばちのあんみつを食べてきました
Tags :

モデル・kazumiさんが大好きな和菓子屋さんを紹介する連載。仲良しのワヌ山さんと楽しく紹介していきます。今回kazumiさんとワヌ山さんが訪れたのは、元祖小倉アイスの店と言われる老舗の「甘味処 みつばち」。

和菓子の時間を楽しむのは…kazumiさんとワヌ山さん

kazumi 「今回は、夏に食べたいアイスあんみつだよ」

ワヌ山 「小豆&小豆の幸せコンビワヌ〜」

kazumi ワヌ山 和菓子 お出かけ
犬。口癖はワヌワヌ。ワヌ母(作者)と北陸地方に住む。甘いものに目がない。
モデル。和菓子文化コーディネーターと和スイーツセレクトマイスターの資格を持つ。

ほどよい冷たさと甘さで、お腹にもやさしい

猛暑の今年。一番食べている甘味はあんみつです。かき氷も大好きだけれど、年のせいか毎日は胃がドキドキして食べられず。歯に染みないほどよい冷たさと甘さでやさしく癒してくれるあんみつは、私にとっては夏のかけがえのないパートナーです。今回伺った「甘味処みつばち」は文京区の湯島で創業して以来、元祖小倉アイスの店としても有名な老舗の甘味処です。

小倉アイスと並んで人気なのが「小倉あんみつ」。沖縄県産の黒糖を銅釡で炊いたとろっとした粘り気のある黒蜜を、寒天にタプタプに絡めるのがおいしくいただく私的ポイント。とろりと粘り気のある黒蜜の見た目と反して、そのまま飲みたくなるほどあっさりとしており、それでいて奥深い味わいは、あんみつ好きの心を掴んで離さない逸品です。

一番人気の小倉あんみつは、小豆のアイスがこんもり盛られた小豆好きにはたまらない夏の涼菓です。湯桶の中に並々と入れられた黒蜜をたっぷりかけていただくのが口福。

木のぬくもりを感じられる店内は、老若男女問わず落ち着く空間でまさに都会のオアシス。ゆとりある席幅でベビーカーのまま入店することもでき、お子さま連れにも安心。


小倉アイスをもっと楽しみたい人はこちらもオススメ
元祖 小倉アイス

甘味処みつばちの小倉アイス

パリパリの最中に挟まれた小豆アイスは、乳脂肪分は不使用。北海道産の小豆と砂糖と水と塩のみのシンプルな製法で作られ、シャーベットのような軽い食べ心地。¥500


今回のお店:甘味処 みつばち

湯島で100年以上愛され続ける甘味処。今年2月に、文京区小石川にもオープン。

東京都文京区小石川1丁目 5-1-101
TEL:03-6801-5038
OPEN:11:00~19:00 無休


いただいた和菓子:小倉あんみつ

どこからスプーンを入れてもおいしいあんみつは、伊豆産の小ぶりの寒天を使用。酸味のあるフルーツと塩味の効いた豆がアクセントになり、黒蜜と小豆アイスのうま味を引き立てるので、最後まで飽きがこず食べられます。¥810


model:kazumi illustration:wanuyama photograph : Miho Kakuta web edit:Masako Serizawa
リンネル2022年9月号より
※写真・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Tags :

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年11月号

旬を装う1か月 私の秋おしゃれ計画表

付録
nest Robe[ネストローブ]
牛革ワッペン付き
ポケット充実トートバッグ

特別価格:1,080円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2022年9月20日発売

VIEW MORE