FOOD

やさしい甘みが体と心にしみわたる。れんこんのポタージュ粥【レシピ・コウ静子さん】 やさしい甘みが体と心にしみわたる。れんこんのポタージュ粥【レシピ・コウ静子さん】

コウ静子さんの養生レシピ。レンコンのポタージュ粥
Tags :

体調管理には特に気を配りたい、冬の時季。少しでも不調を感じたら、旬の食材で、体も心も手当てできる小さな鍋やスープがおすすめ。よくある症状別に、料理研究家のコウ静子さんにレシピを教えていただきました。今回は乾燥しやすく、せきがでやすい時季にぴったり。「れんこんのポタージュ粥」のレシピです。

目次
やさしい甘みが体と心にしみわたる。れんこんのポタージュ粥【レシピ・コウ静子さん】
  1. 【症状:せきが出るときに】
    れんこんのポタージュ粥のレシピ
  2. このレシピを教えてくれたのは コウ静子さん

【症状:せきが出るときに】
れんこんのポタージュ粥のレシピ

せきが出たら、のどや肺に潤いを与えてくれるれんこんと、弱った体力を回復させる牛乳を合わせて、やさしい味のポタージュに。ごはんを加えて、ほんのりとした甘みやとろみをつけるのが、韓国流。

●材料(2人分)
れんこん…130g
ごはん…30g
牛乳…1カップ
塩…適量
フェンネル、チャービルなどのハーブ…適量
オリーブオイル…適量

●作り方
1.れんこんは2枚だけ薄い半月切りにし(飾り用)、残りを1㎝幅のいちょう切りにして、塩少々を加えた熱湯で4~5分ゆで、ざるに上げて水けをきる。ゆで汁は3/4カップほど残す。

2.1の飾り用以外のれんこん、ごはん、牛乳をミキサーにかけてポタージュ状にする。

3.鍋に2を入れて弱めの中火にかけ、焦げないように木べらで混ぜながら煮る。1のゆで汁を、様子を見ながら加え、好みのとろみ加減にする。ふつふつしてきたら火を止め、塩少々で調味する。

4.器によそい、1の飾り用のれんこん、ハーブをのせ、オリーブオイルを垂らす。

このレシピを教えてくれたのは コウ静子さん

コウ静子さん
料理研究家・国際中医薬膳師
コウ静子さん
料理研究家である母、李映林さんのアシスタントを経て、独立。韓国薬膳や韓医学の知恵を取り入れた、体と心にやさしいレシピが好評。著書に『季節に寄り添う韓国茶』(グラフィック社)など。

コウ静子さんのレシピ一覧はこちら

リンネル.jpのその他のレシピ一覧はこちら


cooking & styling: Shizuko Koh photograph: Yumiko Miyahama text: Kaori Akiyama  web edit & text : Liniere.jp
リンネル2021年3月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE