おでかけ

「菓匠 二宮」のかわいい和菓子をお取り寄せ:kazumiとワヌ山の和菓子の時間 「菓匠 二宮」のかわいい和菓子をお取り寄せ:kazumiとワヌ山の和菓子の時間

Tags :

私、kazumiが大好きな和菓子屋さんを紹介する連載。 仲良しのワヌ山さんと楽しく紹介していきます。今回は菓匠 二宮の和菓子をお取り寄せ。

kazumi「おうち時間が増えてきたし、今回はお取り寄せ。おいしくて、楽しめるお菓子を紹介するよ」

ワヌ山「遊べるおやつとはとっても気になるワヌ~」

kazumi
モデル。和菓子文化コーディネーターと和スイーツセレクトマイスターの資格を持つ。

ワヌ山
犬。口癖はワヌワヌ。ワヌ母(作者)と北陸地方に住む。甘いものに目がない。

最近はインターネットで全国の和菓子をパトロール。夜な夜な食べたいものを見つけてはポチりとするのが日課になっています。おいしいものと楽しいことに目がない私の心を、 わしづかみにしたのが和歌山県田辺市・鬪鷄神社の参道沿いに店を構える老舗和菓子店、二宮の「鬪鷄まんじゅう」です。神社にゆかりのお菓子がなかったことから源平合戦の伝説にちなんで作られたまんじゅう(9個入り)の箱には、なんと!トントン相撲の型紙が。付属の“関トリ”を組み立て、箱を土俵にトントン勝負をすれば、おやつ時間がもっと楽しくなる一石二鳥な和菓子です。紅白の包み紙を開けると、ひとつひとつ表情の違う鶏がつぶらな 瞳でこちらをチラリ。食べずにずっと眺めていたい、素朴でかわいいルックスに思わず頰が緩んだのでした。

白い鶏があっさり爽やかな口当たりの柚子餡、赤い鶏がほのかな酸味と皮との相性が絶妙な梅餡で和歌山県の名産を練り込んでいます。

ワヌさんとトントン相撲でいざ真剣勝負! 白熱した戦いに、見事勝利しました〜。付属の別紙で、オリジナルキャラを作ることもできるので、2回戦目に突入です。

今回のお店:菓匠 二宮

 

老舗和菓子店。自家製のあんこは創業以来、変わらぬ製法で伝統を継承しています。

 

和歌山県田辺市下屋敷町27番地

TEL0739-22-1001

OPEN8:30~18:00

CLOSE:水曜休

https://www.amato-ninomiya.com

いただいた和菓子:鬪鷄まんじゅう

紅白鶏の愛らしさに食べるのを躊躇しつつ、豪快にパクッと頰張ると、小ぶりサイズで食 べやすく、ほろほろ溶ける皮の甘みと餡の酸味の軽やかな食感。
2個入り¥ 420、9個入り¥ 1,620(税込み)

model:kazumi illustration:wanuyama photograph : MasahiroTamura styling:Satomi Kamino hair & make-up:Yuka Takamatsu web edit:Liniere.jp
※写真・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています