インテリア

料理の時間が充実するこだわりのキッチン:高山 都さん 料理の時間が充実するこだわりのキッチン:高山 都さん

Tags :

この春、新しい家に移り、新生活をスタートさせたモデルの高山都さん。新居に選んだのは自分よりも年上のヴィンテージマンション。ゼロから始めた家づくりと、そこで見つけた自分らしい暮らしのお話。今回はこだわりのキッチンについてお話を伺いました。

目次
料理の時間が充実するこだわりのキッチン:高山 都さん
  1. オーダーメイドで自分らしく
  2. 部分的リノベーションでカスタム
  3. 古い家だからこそのレトロ感も味方に
  4. オーダーした棚はシンデレラフィット
  5. お話を伺ったのは……高山 都さん

オーダーメイドで自分らしく

あたたかみのある木のキッチンカウンターはオーダーメイド。作業台があることで料理の下ごしらえや器のコーディネートなどがスムーズにできる。
「カウンターはキッチン側を食器棚にすることで器もすっきりと収納できて、取り出しもスムーズ。大好きな器がいつも目に入るところにあるので、これまで以上に料理をする時間が楽しくなりました」

部分的リノベーションでカスタム

賃貸物件だけれど大家さんの了承を得てキッチンは部分的にリノベーション。圧迫感のある吊り戸棚はオープンに、木目を見せることであたたかみをプラス。

古い家だからこそのレトロ感も味方に

ホーローのコンロはもともとあったもの。「ピカピカの最新キッチンにはない懐かしさ、いい味がたまりません。モノトーンの色味もカッコよくて、古い家ならではの雰囲気です」

オーダーした棚はシンデレラフィット

シンクと冷蔵庫の間にあるデッドスペースには造りつけの棚をオーダー。「前の家ではゴミ箱の置き場に困っていたので、今回はサイズを測ってぴったり収まるように設計。調味料もすぐに取り出せて便利です」

お話を伺ったのは……高山 都さん

PROFILE

1982年生まれ。雑誌や広告、ファッションカタログのほか、ラジオ番組のパーソナリティやエッセイ寄稿、料理レシピ提案など幅広く活躍。趣味のランニングはフルマラソンを完走するほど。著書『高山都の美 姿』1~4巻(双葉社)が発売中。

高山 都さんのYouTubeはこちらから!

アイデアいっぱい!テレワークスタイル:スタイリスト大谷優依さん

本多さおりさんの家事がしやすく暮らしやすい、新しい家

身支度が整う土間〈連載第1回 カーサリンネル〉

photograph:Akira Yamaguchi hair & make-up:Akihiro Motooka text:Yuriko Kobayashi web edit:Liniere.jp
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています