暮らしのヒント

マキさんに教わる、妥協しないもの選び マキさんに教わる、妥協しないもの選び

Tags :

揃えるのは本当に好きなものだけ。無理のないシンプルライフへ近づくマキさんのもの選びの基準を教わりました。

消耗品も家具と同様にしっかりと吟味して

マキさんが提案するのは、服や器はもちろん、細かい日用品に至るまで、「お気に入りの定番」を決めておくこと。
「台所のスポンジひとつとっても、適当に選ぶのではなく、ソファを買うときと同じくら い、妥協せず検討してほしい。毎日使うものだからこそ、気に入らないものを使い続けていると、生活の質が下がります」
いったん定番を決めておけば、あとは同じものをリピート買いするだけ。買い物のた びに「どれにしよう?」と悩むこともなくなり、心と時間にゆとりが生まれます。
「服やコスメのように好きなジャンルがあって、『選ぶ時間も楽しいから、じっくり時間をかけたい』という人は、 その都度買い物を楽しめばいい。でも興味のないジャンルなら、定番を決めておいたほうが、絶対に楽なんです」 お気に入りに絞ることで、ものへの愛情が深まる利点も。「検討が不充分なまま衝動買いしたものだと、買った瞬間が気持ちのピークで、どんどん色あせて見えてしまう。きちんと吟味して買ったものなら使うたびに愛着が増し、うれしい気持ちになれるんです」

きちんと見えるつっかけ靴

足元はフェリシモと作ったつっかけローファー。
「かかとがないのでさっと脱ぎはきできて楽ちん。きちんときれいに見えるデザインなので、ゴミ捨てから近所の買い物、子どもの学校の集まりまでこれ1足でOKです」

気に入った服は
色違いでそろえる

お気に入りのネストローブのワンピースは色違いで購入。「袖口がゴムで腕まくりしやすい、Aライン、前ボタン…など、自分が気に入る基準を把握しておけば、買い物のときも迷わないし、失敗もありません」

日用品も定番をリピート

掃除用シートやトイレットペ―パーといった日用品こそ、「たかが消耗品」と思わず、お気に入りの定番を見つけることが生活の質を高めてくれます。「トイレットペーパーはコスパがいい生活クラブ、トイレの掃除シートはケースがスリムなスコッティをリピート」

調味料も決まったものを常備

めんつゆなどの調味料は生活クラブのものを常備。「調味料も定番を決めておけば、味付けも楽。宅配してもらえる生活クラブなら買い物の手間も省けます」

マキさんのYouTubeはこちらから!

photograph:Keiko Ichihara text:Hanae Kudo web edit:Liniere.jp
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています