CULTURE

中村倫也さん「文章は音色。自分らしいフレーズを大切にしたい」/新刊『THE やんごとなき雑炊』インタビュー 中村倫也さん「文章は音色。自分らしいフレーズを大切にしたい」/新刊『THE やんごとなき雑炊』インタビュー

中村倫也さん『THE やんごとなき雑炊』
この記事の画像一覧を見る

実力派俳優として活躍中の中村倫也さんが、初の料理本『THE やんごとなき雑炊』を出版しました。タイトル通り、レシピはなんとすべて“雑炊”。斬新かつユニーク、目にも舌にも心にも美味な本書は必読です。その制作過程のエピソードや執筆にあたっての思いを伺いました。

目次
中村倫也さん「文章は音色。自分らしいフレーズを大切にしたい」/新刊『THE やんごとなき雑炊』インタビュー
  1. “雑炊×雑談×俳優”の組み合わせがおもしろい
  2. あえてレシピ通りに作らない「ただの俺」シリーズ
  3. “ふざける”くらいがちょうどいい
  4. 新著『THE やんごとなき雑炊』
  5. Profile

“雑炊×雑談×俳優”の組み合わせがおもしろい

━━『THE やんごとなき雑炊』は1年半にわたる雑誌連載をまとめたもので、中村倫也さんが“雑炊”を作りながら“雑談”し、その料理の過程からイマジネーションしたショートエッセイを執筆しています。2021年に発表した初のエッセイ集『THE やんごとなき雑談』に続く著書ですが、2冊のタイトルが酷似。これはまさかの……。

 

「そうそう、面白いかなと思ってダジャレっぽくしました(笑)。“雑”までは一緒にしたかったので、雑で始まる2つの文字を探しました。普段から料理をするので、“雑炊”を作るのが仕事になったら楽しいかなと。考えてみれば、雑炊やおじや、リゾットの違いがよくわからないし、“雑に炊くもの”くらいのイメージだったんです。厳密にはお米を入れるタイミングなどの定義はありますが、具材とかには縛りがないし。自由に発展させて遊べそうだったのでテーマに選びました」

 

━━中村さんが料理本!?と意外に感じるかもしれませんが、実は料理好きとしても知られる方。ひとり暮らしを始めた20代前半に自炊を始めたことをきっかけに、料理をするようになったのだとか。本書はフードコーディネーターのタカハシユキさんが監修者として参加されており、学びが多かったといいます。

 

「最初の頃は知らないことが多かったのでレシピや調理方法などを調べて、いろんな料理を作っていました。そのうち、ベースになる味付けが何種類かあるとわかってからは応用がきくように。もともと生真面目に正しく作るタイプではなくて、細かい処理や面倒なところは適当なんです。だけど、切り方や手順には理由があって、なぜそうなっているかを理解してやってみると、口当たりや味が変わるんですよね。この連載を経て、パスタを作るときにはオイルでニンニクを炒めた後に、一度取り出すようになりました」

中村倫也さん『THE やんごとなき雑炊』

次のページ

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年7月号

初夏から晩夏まで着られる
おしゃれ3段活用!

付録
MOOMIN[ムーミン]
リトルミイの刺しゅう入り
きれいに整う 眉毛グルーミングセット

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:吉高由里子 /
2024年5月20日(月)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE