CULTURE

中島京子さんインタビュー 知らなかった。 信じられない。そして自分に何かできないだろうか、と。 中島京子さんインタビュー 知らなかった。 信じられない。そして自分に何かできないだろうか、と。

中島京子さん

『長いお別れ』をはじめ、さまざまな題材をやさしく、かつリアルに描く、中島京子さんが今最も伝えたいこととは。

目次
中島京子さんインタビュー 知らなかった。 信じられない。そして自分に何かできないだろうか、と。
  1. インタビュー
  2. 新著『やさしい猫』
  3. お話を伺ったのは……中島京子さん

知らなかったことが、自分ごとになる。

ーーきっかけはSNS。日本在留の外国人をまるで犯罪者のように扱う批判の投稿でした。

「なんといってもショックですよね。こんなことが起きてるなんて知らなかった。信じられない。そして自分に何かできないだろうか、という気持ち。このことを知ったほとんどの人は、そう感じるんじゃないかと思うんです」

ーーおおらかな口ぶりながら、眉尻を下げた面持ちでそう話すのは、中島京子さん。認知症をテーマにした『長いお別れ』をはじめ、さまざまな題材をやさしく、かつリアルに描く、実力派の小説家です。そう、記憶に残っている人も多いでしょう。入国管理局に収容されていたスリランカ人、ウィシュマ・サンダマリさんの死亡事件。体調不良を訴え続けていたものの一向に聞き入れられず、それどころか、詐病であると疑われた末の結果でした。そのような実態を徐々に知り、「知ってしまったからには、伝えないわけにはいかない」と突き動かされ、折しも決まっていた新聞連載のテーマにすることを考え始めます。

「それで自分でも調べ始めたのですが、小説にするには難しいなぁとも思っていました」。第一に、難しい専門用語がとにかく多いこと。「在留資格って? 仮放免って何?と、私自身も知らないことばかりで。それを説明するのは、読むほうがいやになっちゃうだろうなと」

ーーもうひとつは、自身のポリシーに関することでした。

「私は小説の上で、拳を振り上げるような主義主張はしたくなくて。それが前面に出てくると、いやだと思われる方もいるだろうと思うんです」

ーーやがて思い至ったのは、愛の物語として仕立てること。そうして渾身の思いをこめて書かれたのが、最新刊『やさしい猫』です。物語は日本人女性とスリランカ人男性が出会い、恋に落ちるところから。いざ結婚しようとなったとき、「外国人というだけで、どうしてそんな仕打ちを受けるんだろう」と、胸をかきむしられるような理不尽な出来事が起こります。その壮絶な一部始終が、娘である女子高生が語り手となり、切なくもやさしい筆致で描かれます。

「仮放免中の外国人は、県境をまたいじゃいけない。移動を制限されるつらさは今、このコロナ禍になって、みんな感じていると思うんです」

次のページ新著『やさしい猫』

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年8月号

これさえあれば!
夏おしゃれPick Upリスト

付録
DOD[ ディーオーディー ]
吊り下げられる!
着脱可能なケース付き
トラベル&アウトドアポーチ

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2024年6月20日(木)発売

VIEW MORE