HEALTH

【免疫力を高めるための入浴・睡眠ケア】疲労を取り除き、芯からリラックス  【免疫力を高めるための入浴・睡眠ケア】疲労を取り除き、芯からリラックス 

入浴と睡眠で免疫力が高まる

いよいよ風邪、インフルエンザのシーズンが到来しました。体の疲れをしっかり取り、免疫力をアップさせるのに効果的な入浴方法や、睡眠の質と量もこの機会に見直しましょう。免疫力を高める5つの習慣を、医師の石原新菜先生に教えていただきました。

目次
疲労を取り除き、芯からリラックス 免疫力を高める入浴・睡眠ケア
  1. <免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #01>
    毎日40°Cのお湯に10分間つかり、体温を1°C上げる
  2. <免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #02>
    特に疲れているときは、炭酸ガス入りの入浴剤を入れる
  3. <免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #03>
    ゆっくり湯船につかれないときは、42°Cの足浴かシャワー浴を
  4. <免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #04>
    眠る1時間前からスマホNG! 室温など睡眠環境を整える
  5. <免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #05>
    午前0時前に入眠し、7時間以上しっかり眠る
  6. 発熱してしまったときはどうする?
  7. お話を伺った 石原新菜先生 profile

<免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #01>
毎日40°Cのお湯に10分間つかり、体温を1°C上げる

40°Cのお湯に10分間つかる

寒い冬、しっかり温まろうと熱いお湯に入る……。実はこれ、NGなのだそう。

「42°C以上の高温浴を5分以上続けると交感神経が優位になって心身が緊張してしまいます。ベストな入浴方法は、40°Cのお湯に10分間全身浴すること。体温が約1°C上昇し、適度な水圧で血液やリンパの流れがよくなり免疫力がアップします」(石原先生)


<免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #02>
特に疲れているときは、炭酸ガス入りの入浴剤を入れる

「炭酸ガス入りの入浴剤を入れると血中に取り込まれた炭酸ガスが血管を広げ、血流量を増加。温められた血液が全身をしっかりと巡ることにより、疲れが取れやすくなります」(石原先生)

入浴剤がない場合は、2〜3分お湯につかったら手足に冷たいシャワーをかけるという動作を4〜5回繰り返すと、同様の効果が得られます。

リンネル編集部おすすめ!
重炭酸イオンがお湯に溶け込み体を芯から温める

薬用BARTH 中性重炭酸入浴剤 30 錠¥2,750/TWO(BARTH)

中性重炭酸泉がお湯を中性にし、湯中に溶け込んだ重炭酸イオンが持続。疲労回復、冷え性などに効果が。

[薬用] BARTH 中性重炭酸入浴剤 30錠 ¥2,750/TWO(BARTH)


<免疫力を高める、入浴・睡眠ケア #03>
ゆっくり湯船につかれないときは、42°Cの足浴かシャワー浴を

42°Cの足浴かシャワー浴

「湯船につかる習慣がない、ゆっくりつかる時間がないという人は42°Cの足浴でもOK。しっかり全身が温まります。また、42°Cのシャワーを3分間浴びると免疫力の働きを強化し、乳酸の発生を遅らせることが可能です」(石原先生)

長風呂が好きな人は38〜40°Cのお湯で半身浴を。副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスします。

次のページ

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年8月号

これさえあれば!
夏おしゃれPick Upリスト

付録
DOD[ ディーオーディー ]
吊り下げられる!
着脱可能なケース付き
トラベル&アウトドアポーチ

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2024年6月20日(木)発売

VIEW MORE