LIFESTYLE

【素敵なおうちの隠せるインテリア】引き算で統一感を出す収納術:エッセイスト柳沢小実さん宅 【素敵なおうちの隠せるインテリア】引き算で統一感を出す収納術:エッセイスト柳沢小実さん宅

柳沢 小実
エッセイスト柳沢小実さんの収納術
この記事の画像一覧を見る(7枚)
連載 #素敵なおうち訪問

生活感が出るものを隠すことで、自分らしいすっきり快適な空間を生み出している、エッセイスト・柳沢小実さん。よく使うものを見せる収納にする、生活感のあるものを隠すなど、見せると隠すのバランス感◎な収納術を、柳沢さんに教えていただきました。

目次
収納で大事なことはバランス。引き算で統一感を [エッセイスト柳沢小実さんの収納術]
  1. エッセイスト柳沢小実さんの収納術
  2. 隠せるインテリア術 5つのテクニック

柳沢小実さん PROFILE
エッセイスト、整理収納アドバイザー。一軒家に夫と二人暮らし。暮らしや旅にまつわる著書は冊以上。近著に『わたしのごほうび時間大人のゆったり旅』(大和書房)。リンネル.jpでは、タイの旅行記も。Instagram@tokyo_taipei

エッセイスト柳沢小実さんの収納術
「よく使うものは見せる収納に」

機能性や動線を考えてつくられた柳沢さん宅。ものは少なくないと言いますが、すっきりしていて、使い勝手がよさそうです。

「表に出しているのは使用頻度の高いもの。見えていると家族も使いやすく、ストックが少なくなったときに助け合えるので、お米はガラスジャーに入れて。ガラスなので、白い壁になじみます」

インテリアで気になることを書き出し、消去法で考えるという柳沢さん。大切にしているのは、見せると隠すのバランス感。

「全部隠してラベリングをするのではなく、引き出しのなかは分類して、何がどれだけ入っているかわかればとメリハリをつけて。ほどよい生活感は残しつつ、生活が雑な感じに見えないように心がけています。日本語のパッケージは生活感が出やすいのでできるだけ隠し、好みのフォントやデザインが見えるようにしています」

色や素材を統一し、大きいものにはあまり色を使わないのもルールのひとつだそう。

「道具類は出しているものが多いので、無地で、色や素材が同じようなものを選びます。キッチン棚に並べた茶筒のように、似た形と素材でまとめると、ひとかたまりに見えるのでごちゃごちゃしません。鍋は色数がありますが、重ねることでリズムが生まれます」

次のページ隠せるインテリア術 5つのテクニック

連載 #素敵なおうち訪問

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年9月号

涼やかに暮らす夏のアイデア

付録
miffy[ミッフィー]
ミッフィーの缶ケース付き
ミニ文具セット

特別価格:1,390円(税込) / 表紙:黒木 華 /
2024年7月20日(土)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE