FOOD

ヘルシーで食べ応えも◎ おくらと押し麦のチキンスープ【レシピ・真藤舞衣子さん】 ヘルシーで食べ応えも◎ おくらと押し麦のチキンスープ【レシピ・真藤舞衣子さん】

おくらと押し麦のチキンスープ【レシピ・真藤舞衣子さん】
Tags :

もうすぐ夏本番。「暑さでバテた」「食欲がわかない」などの声も多く聞こえる時季。疲れた体をしっかり整える、おすすめレシピを料理家の真藤舞衣子さんに伺いました。今回は暑い日もさらっと食べられる。おくらと押し麦のチキンスープのレシピです。

目次
ヘルシーで食べ応えも◎ おくらと押し麦のチキンスープ【レシピ・真藤舞衣子さん】
  1. 必要な食材を工夫してしっかり食べて元気に
  2. おくらと押し麦のチキンスープのレシピ
  3. このレシピを教えてくれたのは真藤舞衣子さん

必要な食材を工夫してしっかり食べて元気に

「毎日食べるうえで大切なのは、お通じを促し、不要なものを溜め込まないこと。暑さで疲れがちな夏は、特に心掛けるべき」と料理家の真藤舞衣子さん。

「野菜に加え、良質のタンパク質が必要です。鶏肉は冷えや貧血、ビタミンBが豊富な豚肉は代謝アップに効果的。植物性タンパク質がとれる豆類もいいですね。塩麹などの発酵食品や食物繊維を多く含む食材も助けになります」

また、食べたくなる工夫も大事。
「彩りのよさや食感のメリハリ、夏らしいフレッシュな味わいや香り、香味野菜やスパイスなどによる風味づけなど、ちょっとしたことでしっかり食べられますよ」

今回紹介するレシピも、おいしさを五感に訴えるものばかり。ぜひ、お試しを。

おくらと押し麦のチキンスープのレシピ

体にすーっとなじんで、夏の乾きや冷えを癒やす、栄養たっぷりのスープ。奥行きのある、滋味深い味わいが楽しめます。また、コクのある鶏スープに押し麦を加えてヘルシーにボリュームアップ。手羽中を皮目から焼いておくと、皮がしまって食べやすくなります。

●材料(2人分)
手羽中…10本
おくら…2本
押し麦…大さじ2
玉ねぎ…1/4個
水…500mL
塩麹…大さじ1と1/2
オリーブオイル…大さじ1
塩、粗びき黒こしょう…各適量

●作り方
1.おくらは板ずりをし、7mm幅に切る。押し麦は洗って水けを切る。玉ねぎはみじん切りにする。

2.鍋にオリーブオイルを熱し、手羽中を皮目から焼き色がつくまで焼く。

3.②に水、押し麦、玉ねぎ、塩麹を入れてふたをし、中火で15分ほど煮る。おくらを加えて火が通ったら器に注ぎ、塩、黒こしょうで味を調える。

このレシピを教えてくれたのは

料理家 真藤舞衣子さん
料理家・真藤舞衣子さん
料理家。山梨でカフェ「SustainableTable “my-an” YAMANASHI」をプロデュース。地元の厳選素材を使って、体をリセットし、元気に整える料理を提供している。著書に『体にうれしい! かんたん米麹レシピ』(宝島社)など多数。

■体においしい真藤舞衣子さんのレシピ一覧はこちら↗

■リンネル.jpのレシピ一覧から【今日の献立】を考える↗


cooking:Maiko Shindo photograph:Kenji Mimura styling:Kyoko Komai text:Kaori Akiyama web edit & text: Liniere.jp
リンネル2018年9月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年9月号

おしゃれさんの夏のMY定番スナップ

特別付録
miffy[ミッフィー]
刺しゅうがかわいい保冷ビッグトート

特別価格:1080円(税込) / 表紙:浜島直子 /
2022年7月20日発売
※一部の地域では発売日が異なります

VIEW MORE