HEALTH

プチ不調を改善! 規則的な生活と睡眠習慣で自律神経を整えよう プチ不調を改善! 規則的な生活と睡眠習慣で自律神経を整えよう

自律神経,ホルモンバランス,プチ不調,セルフケア,生活習慣,睡眠
Tags :

自律神経は、夜になったら自然に眠くなり、昼間は活動的になる自然の働き。体がだるい、気分が落ち込むなど、季節の変わり目に感じやすい不調は、自律神経の乱れによる女性ホルモンの影響かもしれません。今回は、医学博士の飛田砂織先生に、自律神経の働きを整える、規則正しい生活習慣と睡眠習慣を教えていただきました。

目次
プチ不調を改善! 規則的な生活と睡眠習慣で自律神経を整えよう
  1. DAYTIME
    朝は太陽の光を浴び、日中は軽めの運動を
  2. NIGHTTIME
    夜の過ごし方は特に大切です
  3. 教えてくれたのは……飛田砂織先生

DAYTIME
朝は太陽の光を浴び、日中は軽めの運動を

朝と日中の行動や生活習慣が、夜の睡眠にも大きく影響します。

POINT 1
朝はしっかり太陽の光を浴びる
寝つきが悪い、眠りが浅い人は、朝起きたときにカーテンを開けて、太陽の光を浴びましょう。そうすることで体内時計がリセットされます。14〜16時間後には、自然な眠気が訪れるはず。

昼寝はしてもOK?

昼食後など、日中に眠くなってしまうという人は、30分程度の仮眠をとるのはOK。あまり寝すぎると夜の睡眠に影響します。

POINT 2
日中は適度な有酸素運動がおすすめ
軽い運動は血流をよくしてくれるので積極的に取り入れましょう。また、筋力の低下は、動くとぐったりする、肩や腰が痛いなどの不調の原因に。ムリのない範囲で、有酸素運動をしたり、スクワットなど軽い筋トレをするといいでしょう。

NIGHTTIME
夜の過ごし方は特に大切です

良質な睡眠には、活動的な交感神経とリラックスの副交感神経を切り替える夜の行動が大切です。

POINT 1
寝室にスマホは持ち込まない
寝る前にスマホのブルーライトを見ると、脳が覚醒してしまい、眠りが浅くなる原因に。スマホはリビングで充電するようにし、寝室に持ち込まないのが◎。
POINT 2
寝る前はゆるやかなストレッチやマッサージを
夜にジョギングなどの激しい運動をすると、交感神経が高ぶって目が覚めてしまいます。ストレッチで体を伸ばしたり、マッサージで血流をよくするなどゆるやかな動きが◎。
POINT 3
入浴はなるべく湯船につかって
お風呂は、寝る2時間前までに。38〜40℃のぬるめのお湯にゆったりつかると、寝る頃に深部体温が下がり寝つきがよくなります。
POINT 4
眠れないときはアロマで気分転換
気分が高ぶっていたり、不安があって眠れないときはアロマの力を借りて。ラベンダーはオーバーヒートした頭を静めてくれます。気分が落ち込んでいるときは、ネロリの香りで入浴すると、前向きに。血行をうながすオレンジやローズマリーもおすすめ。

教えてくれたのは……飛田砂織先生

PROFILE
クリニックシュアー銀座院長。医学博士。クリニックでは、美容皮膚治療と、メディカルサプリやナチュラルホルモン補充療法など抗加齢治療を行っている。

illustration:Kayo Yamaguchi text:Ema Tanaka web edit:Mina Ota
リンネル2020年11月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE