HEALTH

敏感さんが生きやすくなる暮らしのヒント 【HSPのメンタルヘルスケア】 敏感さんが生きやすくなる暮らしのヒント 【HSPのメンタルヘルスケア】

繊細さん HSP イラスト

なにごとにも、自分を見失いがちな敏感さん(HSP)。敏感さんといっても、何に過敏かは人それぞれ。自分の苦手なこと、得意なことを知って、それを受け入れることが穏やかに生きる第一歩です。ここでは、疲れにくくなる考え方のヒントをご紹介します。

目次
敏感さんが生きやすくなる暮らしのヒント 【HSPのメンタルヘルスケア】
  1. STEP 1:敏感な自分を認め、受け入れること
  2. STEP 2:敏感な自分を守ってあげる
  3. STEP 3:敏感な自分の強みを知る
  4. 敏感さんが生きやすくなる暮らしのヒント
  5. 教えてくれた 長沼睦雄先生 profile

STEP 1:敏感な自分を認め、受け入れること

繊細さん HSP イラスト

敏感さんは、自分が敏感で神経が高ぶりやすいことを意識して生活することが大切。そうすることで、刺激に反応してしまったときも「どうしよう!」とパニックにならず、落ち着いて刺激から離れることができます。また、ささいな一言で傷ついたり、ノーと言えない自分を責めず「自分はこうなんだ」と受け入れることで、自分を嫌いになることがなくなり、「自分は自分」という境界線を引き、自分軸を立てられるようになります。

<見えない自分を見る3つのコツ>

1.自分を客観的に調べてみる
HSPのチェックリストや各種の心理検査やセルフチェックで、自分のことを調べてみましょう。客観的に自分の能力や性格を知ることが受け入れる第一歩。

2.人の意見を聞いてみる
自分では当たり前になっている特徴や癖があるはず。家族や親友など日常的に接している人に、自分はどう見えているのか聞いてみて。意外な姿にハッとするかも。

3.自分が嫌いな相手を見る
あなたが嫌っている誰かには、見ないようにしてきたあなたの過去の姿が映し出されているのかもしれません。嫌いな人は、自分の鏡だと考えてみて。


STEP 2:敏感な自分を守ってあげる

繊細さん HSP イラスト

自分と他人を区別する境界線があいまいな敏感さん。人は通常、乳児のころは母と一体化していたのが、母に認められて自分を認識し、自己主張が出てきます。しかし、外からの刺激を恐れる敏感さんにはそれが難しいのかもしれません。ならば、外からの刺激を遮断して自分を守り、認めてあげましょう。最初は寂しさを感じるかもしれませんが、それは自立するために必要であり自然なことなのです。

<自分を守るための4つのルール>

1.見えないバリアで包み込む
光や心地よいエネルギーが全身を丸く包み込んでいます。外からの刺激は遮断され、中はとても心地よい状態だとイメージします。

2.自分も相手も意識しない
他人の感情から自分を守ろうとすると、かえって意識してしまうことが。あえて、共感も反応もせずに虚心になり、やり過ごしましょう。

3.自分の中に軸を作る
他人に流されそうになったら、「本当にやりたいこと?」と、自分に問いかけてみて。やらなければという思い込みから自分を解放します。

4.自分で決めて生きる
心が葛藤でいっぱいになったら、「もうどうにでもなれ」と、気持ちを解放するとその先に「こうしたい」という思いや自立した自分が見えます。

次のページ

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年8月号

これさえあれば!
夏おしゃれPick Upリスト

付録
DOD[ ディーオーディー ]
吊り下げられる!
着脱可能なケース付き
トラベル&アウトドアポーチ

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2024年6月20日(木)発売

VIEW MORE