FOOD

+レモンで亜鉛や鉄分の吸収がアップ! 砂肝の和えもの【レシピ・真藤舞衣子さん】 +レモンで亜鉛や鉄分の吸収がアップ! 砂肝の和えもの【レシピ・真藤舞衣子さん】

真藤舞衣子さんのレシピ、砂肝の和えもの
Tags :

もうすぐ夏本番。「暑さでバテた」「食欲がわかない」などの声も多く聞こえる時季。疲れた体をしっかり整える、おすすめレシピを料理家の真藤舞衣子さんに伺いました。今回は食感を楽しむ! 砂肝の和えもののレシピです。

目次
+レモンで亜鉛や鉄分の吸収がアップ! 砂肝の和えもの【レシピ・真藤舞衣子さん】
  1. 必要な食材を工夫してしっかり食べて元気に
  2. 砂肝の和えもののレシピ
  3. このレシピを教えてくれたのは真藤舞衣子さん

必要な食材を工夫してしっかり食べて元気に

「毎日食べるうえで大切なのは、お通じを促し、不要なものを溜め込まないこと。暑さで疲れがちな夏は、特に心掛けるべき」と料理家の真藤舞衣子さん。

「野菜に加え、良質のタンパク質が必要です。鶏肉は冷えや貧血、ビタミンBが豊富な豚肉は代謝アップに効果的。植物性タンパク質がとれる豆類もいいですね。塩麹などの発酵食品や食物繊維を多く含む食材も助けになります」

また、食べたくなる工夫も大事。「彩りのよさや食感のメリハリ、夏らしいフレッシュな味わいや香り、香味野菜やスパイスなどによる風味づけなど、ちょっとしたことでしっかり食べられますよ」

今回紹介するレシピも、おいしさを五感に訴えるものばかり。ぜひ、お試しを。

砂肝の和えもののレシピ

コリコリとした食感が歯応えのいい砂肝は薄切りにすれば処理もラク。レモンと一緒に食べると、砂肝の亜鉛や鉄分の吸収がよくなります。

●材料(2人分)
砂肝…150g前後
紫玉ねぎ…1/4個
にんにく、しょうが…各1/2かけ

A  
ごま油、ナンプラー…各小さじ2
レモン汁…大さじ1

パクチー…3茎くらい
糸唐辛子(好みで)…適量

●作り方
1.砂肝は塩少々(分量外)でもみ洗いをし、鍋で沸かした湯で2、3分ゆでる。包丁で青い部分を取り除き、薄切りにする。

2.紫玉ねぎは薄切りにし、水にさっとさらす。にんにくはすりおろし、しょうがはせん切りにする。パクチーは食べやすい大きさにちぎる。

3.ボウルににんにく、しょうが、Aを合わせ、①と紫玉ねぎを加えて和える。仕上げにパクチーを加え、さっと和える。好みで糸唐辛子を加える。

このレシピを教えてくれたのは

料理家 真藤舞衣子さん
料理家・真藤舞衣子さん
料理家。山梨でカフェ「SustainableTable “my-an” YAMANASHI」をプロデュース。地元の厳選素材を使って、体をリセットし、元気に整える料理を提供している。著書に『体にうれしい! かんたん米麹レシピ』(宝島社)など多数。

夏にぴったりのレシピが満載! 真藤舞衣子さんのその他のレシピはこちら

毎日の献立の参考に。リンネル.jpのその他のレシピ一覧はこちら


cooking:Maiko Shindo photograph:Kenji Mimura styling:Kyoko Komai text:Kaori Akiyama web edit & text: Liniere.jp
リンネル2018年9月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年9月号

おしゃれさんの夏のMY定番スナップ

特別付録
miffy[ミッフィー]
刺しゅうがかわいい保冷ビッグトート

特別価格:1080円(税込) / 表紙:浜島直子 /
2022年7月20日発売
※一部の地域では発売日が異なります

VIEW MORE