LIFESTYLE

【素敵なおうち訪問】ブランディング・ディレクター福田春美さんの空間づくりともの選びのルール 【素敵なおうち訪問】ブランディング・ディレクター福田春美さんの空間づくりともの選びのルール

連載 #素敵なおうち訪問

「雑誌で見たままをマネしなくても、自分の『好き』を信じてそれを積み重ねると、自分らしい部屋ができるはず」と語る、ブランディング・ディレクター福田春美さん。好きなものがぎゅっと詰まったおうちを訪問し、空間づくりともの選びのルールをお聞きしました。

目次
【素敵なおうち訪問】ブランディング・ディレクター福田春美さんの空間づくりともの選びのルール
  1. 福田春美さん profile
  2. 〈ルール1〉
    効率や動線を重視してたどり着く出しっぱなしの空間と道具
  3. 〈ルール2〉作家さんの作品から拾った石まで“目心地”のよさが決め手のもの選び

福田春美さん profile

福田春美 ブランディング ディレクター
1968年、札幌市出身。代官山「WR」の立ち上げなどファッション業界の一線を渡り歩き、渡仏。帰国後はライフスタイル分野にシフトし、「a day」などをはじめプロダクト、ストア、ホテルなどのブランディングを幅広く手がける。

〈ルール1〉
効率や動線を重視してたどり着く出しっぱなしの空間と道具

プエブコのまな板や松野屋で見つけたマッコリカップが吊るされたシンク上。「マッコリカップは鍋にお湯を差したり、シンクの隅を流すのに使ったり」。棚にはアメツチの調味料入れをはじめとする作家ものも所狭しと並びます。

「3歩以上歩かなくても済むように(笑)」と、使う順番や頻度でまとめられたキッチンは使い勝手が抜群。「友だちが来たときも勝手に道具や皿を使ってもらえるよう、わかりやすく置いています。ザルを吊るすのも洗ったらそのまま乾かすから」道具選びも合理性が大切で、「作家さんのものももちろん好きですが、100均のキッチングッズもあります。ものはたくさんあるけど、捨てません」

鍋は地方の骨董屋で1000円。「地方の金物屋さんや骨董屋さんは宝の山です」。料理前にポットを取り出して、使いかけの菜箸やお玉などを入れておくそう。

100均やコストコも上手に取り入れる

「100均のキッチングッズは、バットなどシンプルでちょうどいいものが多いので、チェックしています。コストコのラップもリピート買い。指先でスライドするだけでカットできるので、小さいものも無駄なく包めます」めったに捨てないからこそ、買った理由がどれも明確です。

次のページ〈ルール2〉 作家さんの作品から拾った石まで“目心地”のよさが決め手のもの選び

連載 #素敵なおうち訪問

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年9月号

涼やかに暮らす夏のアイデア

付録
miffy[ミッフィー]
ミッフィーの缶ケース付き
ミニ文具セット

特別価格:1,390円(税込) / 表紙:黒木 華 /
2024年7月20日(土)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE