HEALTH

忙しい女性の間で「プレ更年期」が急増中! 35歳から備えるチェックリストで現状を知ろう 忙しい女性の間で「プレ更年期」が急増中! 35歳から備えるチェックリストで現状を知ろう

以前と比べてやる気が出ない、常に体がだるいと感じることはありませんか? 実は今、30代後半以上の女性の間で「プレ更年期」状態にある人が増えているそう! プレ更年期の症状について、産婦人科医の大山 香先生にお話を伺いました。あなたのプレ更年期度もセルフチェックしてみましょう。

目次
忙しい女性の間で「プレ更年期」が急増中! 35歳から備えるチェックリストで現状を知ろう
  1. 教えてくれた 産婦人科医・大山 香先生 profile
  2. 女性ホルモンは35歳から減少 辛さを我慢せず婦人科へ
  3. プレ更年期度をセルフチェックしてみよう
  4. プレ更年期に影響を与えている「女性ホルモン」とは
  5. [おすすめ書籍] プレ更年期の入門書

教えてくれた
産婦人科医・大山 香先生 profile

産婦人科医・大山 香先生
日本産婦人科学会専門医。女性ヘルスケア専門医。女性ライフクリニック銀座で臨床にあたる。わかりやすい説明で患者の不安をやわらげる診療を心掛ける。

女性ホルモンは35歳から減少
辛さを我慢せず婦人科へ

女性は平均的に50歳前後で閉経し、その前後を合わせた約10年間を更年期といいます。更年期にさまざまな不調を感じるというのは、周知の通り。しかし、実は女性ホルモンは35歳ごろから減少しており、それに伴ってやる気が出ない、疲れ、イライラなど「プレ更年期」の症状に悩まされている人が多いと、産婦人科医の大山香先生。

「仕事を持つ女性が増え、以前よりプレ更年期症状を訴える方が増えてきています。特に30代後半〜40代は、仕事で任されることが増え、育児や介護など家庭のストレスもかかってくる年代。もともと睡眠不足の方も多く、自律神経が不調気味なところへそれらのストレスと女性ホルモンの変化が加わり『プレ更年期』を招いてしまうのです。最近では、コロナ禍による環境の変化が影響しているケースもあります」

「プレ更年期」は先述したようなやる気が出ない、疲れ、イライラなど精神的な症状を感じやすい傾向がありますが、月経周期や日数が短くなったり、経血の量が減少したりするなどの月経の変化、ホットフラッシュなどいわゆる更年期に多い症状が出ることも。

「日本人女性は真面目な人が多く、辛くても我慢して、いつの間にかそれが“普通”になっていることも。しかし、心身の不調や元気のなさが続いたら、我慢せず婦人科を受診しましょう。カウンセリングや血液検査で女性ホルモンの数値を調べることで、卵巣機能が低下してきているかどうかがわかります。クリニックを受診する人の中には、『更年期障害だったらどうしよう』と過剰に心配する人がいます。でも、女性ホルモンの変化は自然なことですし、今は年齢によって漢方や低用量ピル、ホルモン補充療法など有効な治療法があります。人生100年時代、これからの体調管理について考えるいい時期だととらえてみませんか?」


プレ更年期度をセルフチェックしてみよう

<BODY>
□月経血が少なくなった
□月経周期が短くなった
□急に体が熱く感じたり寒くなったりする
□足がむくむ
□手足が冷える
□息切れ、動悸がする
□便秘、下痢をしやすくなった
□頭痛、めまいがする
□すぐに疲れる
□手足の関節、腰が痛む
□手の指がしびれる
□ダイエットをしてもなかなか体重が減少しない
□トイレが近い
□目がかすみ、物が見えづらくなった
□頭が重く、耳鳴りやめまいがする

<HAIR&SKIN>
□肌が乾燥してかゆい
□肌がくすんできた
□肌のたるみが気になる
□シミ、シワが増えた
□髪の毛のハリコシがなくなり、白髪が増えた
□抜け毛が多くなった
□爪に筋が入り、割れやすくなった

<MIND>
□ イライラすることが多い
□ 涙もろくなった
□ 物忘れが多い
□ 集中力が続かない
□ やる気が出ない
□ 落ち込みやすく、なかなか立ち直れない
□ 寝つきが悪く、眠りが浅い
□ 判断力が鈍った

【判別方法】
●チェックが4個以下⇒プレ更年期ではありません。定期的な婦人科検診は忘れずに。

●5〜9個⇒プレ更年期の兆候あり。生活習慣を見直し、体を整えましょう。

●10~19個⇒プレ更年期がスタートしています。婦人科を受診し、症状が辛い場合は治療を。

●20個以上⇒更年期に突入しています。婦人科で体の状況を確認し、必要に応じて治療を。


プレ更年期に影響を与えている
「女性ホルモン」とは

女性ホルモンには女性らしい体を作るエストロゲン(卵包ホルモン)と、子宮内膜を柔らかくして受精卵の着床を助けるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。それぞれ以下のような役割を持ち、女性の体をさまざまなリスクから防御。女性ホルモンが減少すると、例えば遺伝的に肝機能が弱い家系の人が更年期に肝機能の値が悪くなるなど、その人の体質的・生活習慣的な弱点が表面化します。

こちらもチェック!


おすすめ書籍
プレ更年期の入門書

『プレ更年期1年生━その不調、すべて女性ホルモンの減少が原因かも!』
30代後半から始まるプレ更年期。更年期とはなにか、ほてりやむくみ、めまいなどのよくある症状への対処法、セルフケアや最前線の治療法などを、女性ライフクリニック銀座院長の対馬ルリ子先生が解説。マンガとイラスト、図解をまじえ、プレ更年期でのセルフケアの大切さと心構えがよくわかります。

対馬ルリ子監修¥1,430/つちや書店

illustration:Shinco Uematsu text:Ema Tanaka web edit:Riho Abe
リンネル2023年8月号より
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年7月号

初夏から晩夏まで着られる
おしゃれ3段活用!

付録
MOOMIN[ムーミン]
リトルミイの刺しゅう入り
きれいに整う 眉毛グルーミングセット

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:吉高由里子 /
2024年5月20日(月)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE