暮らしのヒント

【防災】被災したときに役に立つ、10個の知恵 【防災】被災したときに役に立つ、10個の知恵

Tags :

大規模な災害時。普段からしっかり備えていても、いざ避難生活が始まると不自由なことがたくさんあります。でも、テクを知っておけば、解決できることも多いのです。今まで数々の被災地に入ったレスキューナース・辻 直美さんに、避難生活で使えるアイデアを教えていただきました。

目次
【防災】被災したときに役に立つ、10個の知恵
  1. 不自由な避難生活を支えてくれる、知識やスキル
  2. 被災したときの10の知恵
  3. 教えてくれた 辻 直美さん profile

不自由な避難生活を支えてくれる
知識やスキル

大規模な災害が起こると、断水や停電が起こります。2019年の台風では、千葉県の停電が復旧するのに、1か月以上がかかりました。トイレやお風呂が使えなくなったときに、どう過ごすのか、ここは知識やスキルが必要になります。

「給水車は被災してから10日~2週間ほどで到着します。その場合、容器は自分で用意する必要がありますが、ペットボトルでは全然足りません。ポリタンクがなくても、リュックにゴミ袋をセットすれば、15Lくらいの水がくめます」

また、被災時は感染症への注意が必要。風邪やインフルエンザはもちろん、トイレを我慢することで膀胱炎や腎盂炎になる人も少なくありません。健康を守るための知識も必要です。

「避難所は、冷暖房もなく、仕切りのないスペースに雑魚寝することになります。プライバシーがないうえに、シャワーも使えないのでにおいのトラブルも。そんなときのために気分を癒やす香りがあれば、前向きな気持ちを保つことができます」


被災したときの10の知恵

<知恵 1>
給水にはポリタンクよりリュック

リュックを大きく広げ、中に45Lのごみ袋を2重にセットし、リュックを覆うように広げる。リュックの半分~8分目まで水を入れて、きっちりひとつ結びにして運びます。

<知恵 2>
少しの水で喉をうるおす

ペットボトルのキャップに水を入れます。キャップには口をつけずに直接水を口に入れ、舌の裏に流し込んで10秒待つと唾液が分泌されます。45分ごとに行うと、感染症予防に。

<知恵 3>
水1Lで全身さっぱりさせる

ペットボトルの水にハッカ油を1~2滴たらしよく振った後、コットンに水を振りかけ、顔や耳のうしろ、首筋を拭きます。残ったハッカ水を頭からかけて、頭皮の脂を流します。

<知恵 4>
災害用トイレのつくり方

トイレが流せないときに使えるのが「災害用トイレ」。ごみ袋とペットシーツ、ちぎった新聞紙でできて、後始末も簡単です。

1)便座をあげ、ゴミ袋を2重にして便器にかぶせる。

※使用後は下のゴミ袋はつけたまま上のゴミ袋のみ交換
2)ペットシーツを給水側を外にしふたつに折って入れます。中央に小さくくぼみをつくって設置すると排泄物をしっかりキャッチします。
3)ちぎった新聞紙(1枚分くらい)を用意し、ひとつかみくらいをのせる。吸水と消臭もでき、排泄物を目隠しする効果も。
4)用を足した後は上のゴミ袋だけ外して結ぶ。ビニールの余った部分をひっくり返して縛れば二重になります。

<知恵 5>
子どものシャワーや膀胱炎予防に
ペットボトルシャワー

赤ちゃんのケアやデリケートゾーンのケアに使えるのが、ペットボトルのキャップに穴を開けたもの。トイレでおしりも洗えます。
1)キリや千枚通し、たこ焼き用の金串などを使ってペットボトルのキャップに10か所ほどの穴を開けます。
2)ペットボトルに水を入れ、穴開きキャップをつければ完成。シャワー代わりに使えます。
3)赤ちゃんは、ペットシーツの上に寝かせて、シャワーの要領で水をかけながらコットンで上半身から下半身の順に拭くと、被災時でも清潔にケアできます。

<知恵 6>
災害避難時は
ビニール袋に服を包んで

災害時には低体温症に注意が必要。服が濡れたままの状態だと体温が奪われ、命の危険にさらされることもあります。悪天候の中避難したときは、素早く着替えて体を温めなければいけませんが、慌てて避難すると着替えが濡れてしまうことが。水害で服が汚水を吸った場合は、乾いてもにおいが取れず、避難所には洗濯機はありません。着替えは必ずジッパー付き袋などを使って小分けにパッキングをすること。着替えを入れるリュックには防水スプレーをかけておきましょう。

<知恵 7>
簡易ランタン

懐中電灯のライトが上を向くようにして、その上に水の入ったペットボトルを置きます。水で光が拡散されて、ランタンの代わりに。

<知恵 8>
「首」を温める

新聞紙はそのままかぶるよりも、もんでくしゃくしゃにすると保温性がアップします。もんでねじれば、肌触りもよくスカーフ代わりに。腹巻きのように巻いたり、血流の多い手首、足首に巻き付けると暖をとることができます。

<知恵 9>
心を癒やす香り

水害の汚水のにおいはもちろん、避難所生活では、においがきついのが現実です。女性は柑橘系のオイル、男性や子どもはバニラ系の甘い香りのオイルがあると心が癒やされます。

<知恵 10>
明るい心を持つこと

被災地ではどうしても暗くなりがち。そんなときこそ自分から笑顔になること。女性が笑えば、子どもも安心するし、男性も元気が出て、まわりに明るい空気が広がります。それが元の生活に戻るための近道になります。


教えてくれた
辻 直美さん profile

阪神・淡路大震災で自宅が全壊したのを機に、災害医療の道へ。国内28件、海外2件の被災地で活動。防災に関する講義も行う。

text:Ema Tanaka illustration:Yumi Miyashita web edit & text:Riho Abe
リンネル2021年10月号より
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています