HEALTH

落ち込んだ人に、どう声をかけるべき? 対人のプロに聞く大人の気づかい方 落ち込んだ人に、どう声をかけるべき? 対人のプロに聞く大人の気づかい方

落ち込んでいる人を励ましたいけれど、どんな言葉をかけたらいいかわからない。そんなふうに悩んでしまったことはありませんか? 対人関係療法の第一人者・精神科医の水島広子先生と、吉祥寺のカフェ「暮らしとたべごと ふたつの木」で代表を務める林 愛さんに、相手を気づかいながら励ます方法を教えていただきました。

目次
落ち込んだ人に、どう声をかけるべき? 対人のプロに聞く大人の気づかい方
  1. お話を伺ったのは…精神科医 水島広子先生
  2. 対人関係療法の第一人者・精神科医の水島広子先生に聞く、落ち込んだ人へできる気づかい
  3. カフェ代表・林 愛さんに聞いた、落ち込んでいる人の励まし方
  4. <林さんが励ますとき 1>まず相手の話を聞くことからスタート
  5. <林さんが励ますとき 2>相手と自分の考えは違うことを前提に

お話を伺ったのは…

精神科医 水島広子先生
精神科医 水島広子先生
対人関係療法専門クリニック院長。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現クリニックを開院。対人関係療法の日本の第一人者。衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正など、数多くの法案の修正にも尽力。著書多数。

対人関係療法の第一人者・精神科医の水島広子先生に聞く、
落ち込んだ人へできる気づかい

「沈黙の時間も共有のカタチ。言葉がいらない気づかいです」

「失敗して落ち込んだとき、周囲が自分を見放したように感じることってありますよね。そんなとき、温かい言葉をかけてもらえると随分心がラクになるものです。でも、そのひとことが意外と難しい。上から目線になっていないか、相手の領域に入り込んでいないか。心配しすぎて、結局見て見ぬふりをする人が多いもの。そんなときは、お茶を淹れてあげたり、甘いものを渡したり、言葉がなくても“私はあなたの味方です”という思いを伝えましょう。たとえ沈黙になっても、互いに同じ時間を共有しているのだから何も問題ありません。沈黙が苦しくなるのは、自分がそれを苦しいと思っているから。沈黙を楽しめると相手にも安心材料として伝わりますよ」

■対人関係のプロ・水島先生に聞く、気疲れしない人付き合いのコツ

次のページカフェ代表・林 愛さんに聞いた、落ち込んでいる人の励まし方

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年8月号

これさえあれば!
夏おしゃれPick Upリスト

付録
DOD[ ディーオーディー ]
吊り下げられる!
着脱可能なケース付き
トラベル&アウトドアポーチ

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2024年6月20日(木)発売

VIEW MORE