FOOD

【北欧料理店に教わる本場の家庭料理】 寒い冬に食べたい!やさしい「サーモンスープ」レシピ 【北欧料理店に教わる本場の家庭料理】 寒い冬に食べたい!やさしい「サーモンスープ」レシピ

サーモンスープ

北欧の国々を身近に感じたら、知りたいのは「デイリーな北欧の味ってどんなもの?」ということ。日本で手に入る食材でできる現地に近いレシピを、専門店の方にうかがいました。

目次
【北欧料理店に教わる本場の家庭料理】 寒い冬に食べたい!やさしい「サーモンスープ」レシピ
  1. このレシピを教えてくれたのは、遠藤芳男さん
  2. 冬でも保存が利く料理が、しみじみおいしい
  3. サーモンスープ

このレシピを教えてくれたのは……

リラ・ダーラナ オーナーシェフ 遠藤芳男さん
リラ・ダーラナ オーナーシェフ 遠藤芳男さん
初代・大久保シェフのもと修業し、2代目オーナーシェフを継いで13年目。サーモン、ニシン、ザリガニなど本 場の食材を仕入れ、スウェーデンの味を日本に伝える。

リラ・ダーラナ
東京都港区六本木6丁目2-7ダイカンビル2階
03 -3478-4690
http://dalarna.jp/

冬でも保存が利く料理が、しみじみおいしい

「日本でも東西南北で郷土料理が違うように、北欧も地域によって料理が変わるんですよ」と教えてくれたのは、六本木で13年にわたりスウェディッシュレストラン「リラ・ダーラナ」を営む遠藤芳男シェフ。同店は、15年にわたり北欧で修業した大久保清一シェフが、帰国後の1979年に西荻窪でオープンした店で、2代目を継いだ遠藤シェフの代を含めるとオープンして44年という有名人気店です。

「うちはオープン以来、〝フースマンスコスト〞というスウェーデンの家庭料理を守っているんです」と遠藤シェフ。

これからの季節、定番人気のミートボールに添えたいのは日本でも旬を迎えるサーモンだとか。
体が温まるスープにして、ランチでもディナーでも楽しめる献立に。

次のページ

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年7月号

初夏から晩夏まで着られる
おしゃれ3段活用!

付録
MOOMIN[ムーミン]
リトルミイの刺しゅう入り
きれいに整う 眉毛グルーミングセット

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:吉高由里子 /
2024年5月20日(月)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE