北欧

アルヴァ・アアルトの自邸で北欧デザインの美学に触れる【kazumiさんと巡るフィンランド旅】 アルヴァ・アアルトの自邸で北欧デザインの美学に触れる【kazumiさんと巡るフィンランド旅】

アアルトの人物像を感じられる自邸内部の様子

Alvar Aalto house

2枚の大きな窓から光が注ぐリビングスペース。グランドピアノやゼブラ柄のファブリックに合わせた、窓辺のすだれが印象的。

Alvar Aalto house

1Fリビングの続きになったアトリエスペース。自宅の製図も展示されている。

Alvar Aalto house

窓辺で存在感を放つ、1937年のパリ万博で発表された900ティートローリー。 白樺を材料に使ったワゴンで、イギリスの紅茶文化から着想を得たものという。

Alvar Aalto house

2Fの暖炉前にあるスペースには、ウォールシェルフやアームチェアなどが配置。上記のティートローリーと同じく、アアルトが創設したアルテック社で現在も販売を続けています。


こちらもチェック!

<< 【北欧インテリア】 に関する記事はこちら


model:kazumi photograph:Miho Kakuta edit & text : Liniere.jp

リンネル2023年12月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年7月号

初夏から晩夏まで着られる
おしゃれ3段活用!

付録
MOOMIN[ムーミン]
リトルミイの刺しゅう入り
きれいに整う 眉毛グルーミングセット

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:吉高由里子 /
2024年5月20日(月)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE